Your Digital Solution
Make a change in Japan
ホーム / ブログ / 「クラブハウス」をビジネスに活用するヒント

「クラブハウス」をビジネスに活用するヒント

「クラブハウス」をビジネスに活用するヒント

新しいネットワーキングのツールとして話題のクラブハウスですが、使い方によっては実際にビジネスを拡大させることも可能にしてくれます。ここでは、ちょっとしたコツをご紹介します。新しくクラブハウスに参加する際は、参考にしてみてください。

話題の「クラブハウス」とは?

「クラブハウス」は、音声コンテンツでユーザー同士が交流できる新しいSNSです。現在は、招待制で登録でき、iOSのみに対応しています。このサービスの特徴は、写真や動画、テキストなどのオプションは一切なく、音声のみに特化し、さらに、リアルタイムに配信されるコンテンツのみに限定しているところです。招待を受けて、ユーザー登録をしない限り、コンテンツにアクセスすることも、ほかのユーザーと繋がることも出来ません。

日本でもサービスが提供されると、この招待をいち早く獲得しようと奔走する人たちが出現し、オンライン上では招待権限が売買されるなど、大きな話題となりました。ただ、注意したいのは、ほかのSNSと違い自分のプロファイル欄には、誰の招待を受けてメンバーになったのかが記載されるため、身元のよく分からないユーザー経由で招待を受け、たとえばそのユーザーが何らかの理由でユーザー権をはく奪されたり、警告を受けたりした場合、自分のプロファイル上にも影響を受けてしまうので、むやみに知らないユーザーからの招待でユーザー登録をするのは避けましょう。

ビジネスチャンスを得る場として

2020年は、私たちを取り巻く社会環境が大きく変わった歴史的な時となりました。

対面商談やさまざまなイベントが規制され、人々は積極的に集って交流することも難しくなりました。この変化で、ソーシャルネットワークの必要性はより一層高まり、リアルタイムの交流を可能にしたクラブハウスに大きな注目が集まったのです。

人々があたりまえのように集い気軽な会話を楽しめたころのように、クラブハウスはオンライン上で同じ体験を可能にしたサービスと言えるでしょう。

クラブハウスで人々が交流する場は”ルーム”と呼ばれ、フォローしたユーザーがルームを設けたり、ほかのユーザーのルームに参加すると通知が届きます。そこに参加することで、共通の話題や関心ごとのある人たちと繋がることができるのです。そのようにして知り合った人たちと、新しくビジネスのアイディアを話し合ったり、コラボレーションをしたり、新しい可能性を広げることができます。

積極的にルームを開催したりほかのルームで発言したりすることで、同じ分野のコミュニティで存在感が高まり、ほかのユーザーにも注目されるので、よりビジネスチャンスを獲得できるかもしれません。

オンラインでの交流に慣れていない人には、情報源として使うことも効果的です。

自分の興味関心やビジネス分野で活躍する著名人や、高い専門知識を持ったユーザーが日々有益で価値のある情報を発信しているので、傍観者として参加するだけでも役に立つでしょう。

ビジネスに役立てるコツ

新しいネットワーキングのツールとして魅力的なクラブハウスですが、使い方によっては実際にビジネスを拡大させることも可能にしてくれます。ここでは、ちょっとしたコツをご紹介します。ビジネス活用をご検討でしたら、ぜひ参考にしてみてください。

プロファイル欄

クラブハウスのプロファイル欄には、ツイッターとインスタグラムのアカウントを載せることができますが、その他の外部リンクを追加することが認められていません。そのため、自分について知ってもらいたいことは、すべてプロファイル欄に記載しておく必要があります。

プロファイル欄は、最大125文字と十分なスペースがあるので、可能な限り分かりやすく自分が何者かを説明しましょう。プロファイル欄は、いわば名刺の役割になります。見やすさを意識し、シンプルかつ目に止まるような工夫をして作りましょう。

ツイッターやインスタグラムのアカウントを載せるのであれば、アクティブに更新されていること、発信内容がクラブハウス上の情報と関連していることを確認しましょう。リンクは設定できませんが、メールアドレスやLinkedInのアカウントをプロフィール欄に載せることも有効でしょう。

フォローするユーザーの選び方

ほかのSNSと異なり、フォロワーの数を気にするより質にこだわりましょう。

サービスを利用する目的を明確にし、関連するユーザーや情報と効率的に繋がれるように、フォローするユーザーを選定する必要があります。そうすることで、同じビジネス分野でのコミュニティに参加することができます。自分で開催するルームにも、目的にあったユーザーが集まってくれます。コミュニティが広がれば、ビジネスチャンスも大きくなっていくでしょう。

ルームに参加しましょう

自分のビジネス分野に関連するルームに参加し、開催者やスピーカーのプロファイルをチェックしましょう。そこで新しいコネクションを作れば、ビジネスチャンスを広げるきっかけになるかもしれません。ルームに参加したら、なるべく積極的に発言や質問をしてみましょう。意見交換や知識共有を通じていろんな人に知ってもらことができれば、関連する人にフォローしてもらえたり、ルームを開催するときに参加してもらえたり、さまざまな交流が産まれます。

ルームをホストしましょう

ほかのユーザーのルームに参加することに慣れてきたら、自分でもルームを作ってホストしてみましょう。関連するユーザーに告知されるよう、事前にルーム開催日を決めておきます。

ホスト側として露出も高まるため、ルームの目的やトピックを決めるときは慎重に進める必要があります。

同じ分野にいるほかのユーザーとコラボしたり、ゲストとして招待するのもよいでしょう。だれかと一緒に開催すれば、その人のフォロワーにも参加してもらえる可能性があるので、より輪が広がりホスト側として、価値のある場を提供できるでしょう。

”ネチケット”を守った使い方を

クラブハウスをビジネス活用する上で大事なのは、やはり決まりを守ることです。

音声配信なので話す人たちの邪魔にならないように、傍観側は消音にして参加することが基本です。ほかの人の話を遮って発言したり、節度のない発言をするのはやめましょう。

対面上でなくても、礼儀を持って相手を尊重する姿勢を忘れずに参加することが大切です。

ネチケットを守って、新しいSNSの体験に挑戦してみましょう。

弊社では、デジタルマーケティング戦略についてご相談を承ります。

03-6661-0037

Share it