Your Digital Solution
Make a change in Japan
ホーム / ブログ / 欧米人が好むホームページのデザインとは?

欧米人が好むホームページのデザインとは?

Difference between western websites with Japanese websites

デジタルマーケティングを実装する上で、ホームページ作成はビジネスを成功させるための重要な要素の一つです。海外顧客を引き付けたいなら、その国のターゲットユーザーの好みに合ったデザインで作成する必要があります。

欧米人が好むウェブサイトのデザインは、日本人が好むものと異なる傾向にあります。日本人は、文字が多く、サイト内が細かく分かれているほうが使いやすいと感じる傾向にあり、また、反対色やかわいいキャラクターやアニメーションを使用していると親しみを感じる傾向にあります。一方で、欧米ではこのような日本のウェブサイトを見づらいと感じる人が多いと言われています。

日本と欧米におけるデザインの好みの違いについて、いくつか例をみてみましょう。

Starbucks Japanese website
日本と欧米のウェブの比較(スターバックス公式サイトより)

文字は少なめを好む欧米人

日本でひとつのウェブサイトに使われる文字数は、欧米で作られるサイトの平均150倍とも言われています。

日本語と英語の文章構成や記号の違いも影響しますが、日本人はウェブサイト上により多くの情報や説明を求め、欧米人はデザインや画像の美しさを求める傾向にあるといわれます。

たとえば、日本の消費者は、欧米に比べ商品購入前に出来るだけ多くの情報を収集します。そのため、日本語のサイトには、より多くの情報や説明書きが必要になります。欧米の消費者は、ひとつのサイトに情報が多すぎると、見づらく不便に感じる傾向にあります。

高解像度の画像でデザイン性を重視

欧米のウェブサイトは、美観を高めるために高解像度の画像を使用する傾向にあります。欧米のサイトと異なり、日本のサイトは、表示速度を重視し、画像は出来る限り軽く小さいものが使われます。なお、読み込み速度がユーザーの離脱につながるリスクは、少なからず欧米でも存在しますので、バランスを考えた構成が必要になります。また、日本では、フラッシュアニメーションが使われることがありますが、欧米のサイトでは近年ほとんど見られなくなっています。

ユーザーの好みを考慮しながら、利便性を保ちユーザーフレンドリーなサイトが求められるのはどこの国にも共通して言えることでしょう。

色使いについて

日本のウェブサイトでは、色使いにも特徴があります。黄色、オレンジ、ピンク、赤、青など、ビビットな色を使って、ユーザーを引き付ける傾向にあります。

一方で、欧米文化には、より統一された色使いが好まれる傾向にあり、ウェブデザインもクリーンでよりシンプルな色使いが見られます。

その他の違い

言語システムの違い

日本語は画像に基づいて作成された言語システムです。西洋の文字と異なり、同じ文字でも複数の意味を持っているなどの違いがあります。また、日本語は、英語のように大文字やイタリック体がないので、タイトルやテキストを強調したいときには工夫が必要です。

日本のウェブデザイナーはグラフィックテキストをよく利用しますが、欧米のユーザーにはあまり好まれないといわれることもあります。使用するときは、全体のバランスを考慮したグラフィックテキストの配置を検討しましょう。

文化の違い

欧米のユーザーにとって、日本のウェブサイトは、全体がまるで広告のようだとも言われます。日本の消費者は、ウェブサイト上でより多くの情報を求め、サイト内に商品やサービスについて十分な説明がなければ、離脱して他のサイトを探します。デザインの良さや画像の美しさだけで、日本のユーザーを引き付けることはできません。一方で、デザイン性を重視する傾向にある欧米のユーザーは、ウェブサイトに情報が充実していても、デザインの質が悪ければそのサイトには滞在しない傾向にあります。実際、日本では多くのウェブサイトが広告掲載に注力しているため、多くの情報に加えて広告の羅列が、よりサイトを複雑なデザインにみせ、欧米のユーザーには好まれない傾向にあります。

技術的な違い

スマホが普及する前、日本では小さな画面で閲覧するためのウェブサイトを構築するために、独自の構成やデザインが使われていました。その頃から、日本と欧米のウェブサイト作成に対する考え方の違いがあったと言われます。

また、英語に比べて、日本語のフォントの種類が少なく、文字にデザイン性を持たせることが難しいため、ウェブデザイナーはグラフィックデザインなどの非標準フォントを使うことが多いようです。デザイナーのサイト制作にあたってのこだわりや日本のユーザー行動が考慮され、今のようなデザイン傾向が主流になった一因でしょう。

まとめ

日本で好まれるウェブサイトは、欧米のサイトと比べ、デザイン、画像の解像度、テキストの使い方、フラッシュアニメーションやキャラクターのデザインなど様々な特徴が異なります。一方で、欧米のユーザーをターゲットにする際は、単に多言語対応するだけでなく、その国のユーザーに合った独自のデザイン性を持ったサイトの構築が必要になるでしょう。

ウェブサイトの構築は、デジタルプロモーションでもっとも重要な入口であり、最終的にユーザーが購入行動を決定する場です。海外進出を考慮する際は、十分に注力してサイト制作を進めましょう。 。

弊社では、海外進出の際に適したWebサイト作成をご提案しています。

Share it