お問い合わせ
Your Digital Solution
Make a change in Japan
ホーム / ブログ / ファッション・衣料品ブランドに特化したデジタルマーケティング

ファッション・衣料品ブランドに特化したデジタルマーケティング

ファッション・衣料品ブランドに特化したデジタルマーケティング

ファッショニスタやブランドに精通した人は、人々の目に留まるような振る舞いや、格好を常に研究しています。そのため、スタイリッシュであったり、流行りになっている服装をいつも探しています。人によっては、季節ごとにスタイルを一新する方もいます。時間を節約でき、多くの値引きオプションもあるため、ファッショニスタの間では、季節限定や、特別なスタイルの衣服を購入する場として、インターネットが大活躍しています。この流れを受け、デジタルマーケティングは、近年、インターネット上でショッピングを行う消費者に直接訴求できる方法として、大きな注目を集めています。

特に世界を代表するファッション・衣料品ブランド会社の間では、Googleなどの検索エンジンと、SNSを連携させたEコマース(=電子商取引)ビジネスに大きく関心が集まっています。SNSのプラットフォーム上で商品を宣伝することで、潜在顧客に的確に訴求する事が可能になり、商品を販売するウェブサイトへの訪問を促す事ができます。従来のオフラインマーケティングとは別に、今日では、このオンラインマーケティングを通して、短期間かつ低コストで、希望の潜在顧客層へのリーチが可能になります。また、費用の掛け方によっては、小規模の予算でも、予算の大きい競合他社よりも効果的にオーディエンスに訴求する事ができます。

 

デジタルマーケティングの基本となる項目を以下に掲載しました。
本記事では、これらの項目についてさらに詳しく解説していきます。

  • デザイン
  • SNSキャンペーン
  • 目に留まるバナー広告のタイトル
  • 上手なタグ付け
  • PPC広告
  • オーガニックマーケティング
  • リード生成

Digital marketing for fashion

デザインと投稿準備

ファッション・衣料品ブランドにとって、デジタルマーケティングを成功させるにあたり、デザインチームは重要な鍵を握ります。バナー広告は通常、複数のSNSプラットフォーム上に掲載されており、オーディエンスの目にすぐに留まるようにクリエイティブに作られています。使用している画像をより良く見てもらえるように、様々な色やフィルターを活用する事もあります。分かりやすく覚えやすいタグやキャプションを付けて、商品に関心を持ってもらい、エンゲージメントの向上を図る事も可能です。投稿用のコンテンツ生成には、注目してもらいやすい内容にしたり、投稿のためのスケジュールを組んだり、効果を測定したりなど、多様な要因が関係するため、適宜必要に応じて様々なツールを活用していく事が重要になります。

SNSキャンペーン

SNSで展開するオンライン広告は、各SNS媒体で仕様が異なります。近年、広告配信先として人気なSNS媒体が以下になります。

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Pinterest

広告を展開することで、ファッションや衣料品に興味を持つ人たちに的確にリーチする事が可能です。オンライン広告は、希望のオーディエンス層に訴求するために、広告キャンペーンの内容を自在にカスタマイズしたり、効果を測定したりする事ができます。広告の入札以外にも、自社と似たページにエンゲージしたり、似たコンテンツをシェアしたりするだけでも自社ブランドの認知拡大に大きく役立ちます。使用するSNS媒体全てに対し、包括的なSNSマーケティング戦略を実行し、常に必要に応じて最適化を続けていく事で、より良い結果を生む事が可能になります。

効果の高いSNS戦略とは、コロナ渦であっても、小規模なブランドにも利益をもたらしてくれるものです。例として、イタリアにある子供服専門のお店では、2019年4月から2020年4月の1年間で、60%以上の利益拡大を達成しました。経営者の女性は、コロナの影響で、ミラン近くにあったお店の閉鎖を余儀なくされましたが、SNS専門家のコンサルティングを受け、お店のインスタグラムページに注力し始めました。これにより、10,000ユーロ(日本円にしておよそ200万円)の利益を4月中だけで達成する事ができました(2019年全体のEコマースによる利益は、10,000ユーロ以下でした)。これは、個人経営者の一例ですが、企業規模でSNS戦略を行った場合、一体どれほどの変化が起きるでしょうか。

SNS専門家のサポートを受けた前(左)と後(右)での、お店のインスタグラムページです。

ファッション・衣料品ブランドがデジタルマーケティングを好む理由

ファッション・衣料品業界の企業は、従来のマーケティング手法では、多額の予算を投じてビジネスを拡大する必要がありました。大規模の予算にもかかわらず、ほとんどの場合、国内のみの顧客にしか展開する事ができず、広域なオーディエンスにリーチする事ができていませんでした。しかし、デジタルでのマーケティングが可能になったことにより、今日では、他の国や地域に住む潜在顧客に対し、従来の手法よりも圧倒的に低いコストでリーチができるようになりました。世界中の人々が、お客様のSNSや、ウェブサイトを訪れたり、好きな時に注文ができるようになっています。柔軟性や費用対効果の高さを受け、多くのファッション・衣料品ブランドがデジタルマーケティング戦略を展開しています。 

ターゲットオーディエンスの選定

ターゲットオーディエンスの選定は、デジタルマーケティング戦略の展開の上で、最も重要な要素になります。潜在顧客層がどんな人たちなのかはっきりしなければ、効果的にオーディエンスにリーチする事ができません。潜在顧客層を見つける方法の一つとして、市場調査

があります。市場調査を行うことで、お客様の商品・サービスに興味を持ちそうな人たちが誰なのかを見定める事ができるようになります。リーチしたい層が判明したら、各SNS上で、商品を発信することで、ターゲット層とのエンゲージメント向上を図る事ができます。また、季節や流行りの服も小まめに発信して行く事で、ユーザーの関心を常に惹く事ができるようになります。世界的に人気なファッション・衣料品ブランドでは、季節や国・地域に配慮して、以下のようなアイテムをSNS上で発信して、人々を魅了しています。

  • ドレス
  • スカート
  • ジャンプスーツ、プレイスーツ
  • リネン服
  • コート、ジャケット
  • トップス
  • ボトムス
  • スカーフ
  • ポンチョ

上に挙げた以外にも、さらに多くのアイテムがありますが、どれもそれぞれベストな時期や季節があります。そのため、常に顧客のニーズ、季節や流行りを意識した戦略を展開していくことで、デジタルマーケティングを最大限に活用する事ができるようになります。

オンラインセールスを増加させるために、デジタルマーケティング戦略を改善しましょう

Share it