公式ブログ

フォロワーを購入してはいけない理由

フォロワーを購入してはいけない理由

「100%本物のインスタグラムフォロワーを購入しませんか?」

「インスタグラムの「いいね」を買いませんか?」

ソーシャルメディアでも、こんな広告を目にすることがあります。SNSマーケティングが主流になった昨今、フォロワーを「購入」する需要が増えてきています。しかし、購入してフォロワーを増やすことが可能になれば、本当にそのデジタルプロモーションは成功するでしょうか?

プロモーション用のアカウントでフォロワーを増やすことは簡単なことではなく、多くの企業がフォロワーの獲得に試行錯誤しています。大量のフォロワーを購入することが出来れば、簡単にアカウントの見栄えもよくなり、短期的にはフォロワーが増えることも見込めるかもしれません。

ただ、長期的にみると、アカウントに損害を与えかねないということもあります。

インスタグラムには、いわゆる偽のフォロワーをつけたアカウントが大量に存在しています。このようなアカウントは、ユーザーに怪しいと思われればブロックされてしまいますし、運営会社側がアカウントごと削除することもあります。そこで信頼を失えば、二度と同じプラットフォームで成功することは難しいでしょう。

実際に、フォロワーの数は、商品やサービスの売り上げ拡大や収益増加と関係ないと言われています。どんなに多くのフォロワーがついていても、発信する商品情報に興味がない人がほとんどであれば意味がありません。一方で、少ないフォロワーでも、ロイヤリティのある顧客やファンであれば、そこでの情報発信は価値のあるものになり、顧客との良質なコミュニケーションが生まれることになります。

「フォロワーを増やせば売り上げが増える」という幻想に惑わされないようにしましょう。

フェイクアカウントからのフォロー = ゼロエンゲージメント

購入したフォロワーは、実在のユーザーではないので、実際のエンゲージメントにつながることはありません。多数のフォロワーを持つアカウントは、一見人気のあるアカウントにみえますが、投稿内容をみれば、実際のエンゲージメント状況は一目瞭然です。

たとえば、投稿の内容とは無関係なコメントを残したり、不自然な言葉使いでコメントしたり、明らかに自動的に操作されているだけということが分かります。

このように、フォロワーを購入していることは、簡単に発覚してしまいます。競合が知れば、相手を有利な立場に立たせることになりますし、何よりも、会社やブランドのイメージが傷つくのは避けられません。

フェイクアカウントは削除の対象に

近年、主要なソーシャルメディアは、ユーザーに対する規制を強化してきました。発信力が大きければ、それだけ社会に与える影響も大きくなるため、運営会社は、常にアカウントの信憑性をチェックし、メディアとしての質や安全性の強化に努めているのです。

フェイクアカウントが探知されれば、即時、削除の対象になるでしょう。購入したフォロワーでも、アカウントが削除されればいなくなりますので、購入した分無駄になるだけになります。また、フェイクフォロワーを購入したアカウント側も、アルゴリズムで表示がされにくくなるなどのリスクもあります。

限られたマーケティング予算をこのような短絡的な手法に費やすことは、どのようなビジネスにおいても得策とはいえないでしょう。

セキュリティ面でのリスクも

購入したフォロワーの中には、スパムが含まれていることも多々あります。購入した側が大量のスパムメールを受信する羽目になったり、

また、こうしたスパムの影響で、せっかく獲得した本物のフォロワーまでセキュリティ上のリスクにさらしてしまうことになりかねません。そんなことになれば、確実にフォロワーは離れていき、そうして失った信頼は、おそらく二度と戻ることはないでしょう。

フェイクは所詮フェイク

偽のフォロワーを大量につけて、人気のアカウントを装ったところで、実際に宣伝する商品やサービスそのものに魅力がなければ、潜在顧客へのリーチも新規顧客の獲得も難しく、結果的に購入行動につながる可能性は低いでしょう。多くのユーザーは、消費者としての知識やリサーチ力を身に着け、単純にフォロワー数をみて騙されるというユーザーは少なくなってきています。いずれ本物またはフェイクアカウント、買ったフォロワーはあなたの商品とサービスに消費しません。買ったフォロワーはあなたの製品やサービスに興味がないので、コンバージョンや潜在的な顧客になれないです。しかも、ブランドの認知度はこういうタイプのフォロワーのレビューやプロモーションで高まることになれないし、新しい潜在的な顧客を引き付けることにも役立ちません。

注意!偽インフルエンサー問題

気を付けなくてはならないのが、フェイクインフルエンサーの存在です。

たとえば、インフルエンサーマーケティングを検討している場合、実はまったくの無名なのに、大量のフォロワーを購入して人気のインフルエンサーを装い、企業から宣伝費をだまし取るケースが多発しています。こうしたフェイクインフルエンサーに宣伝費をかけて発信してもらっても、フォロワーがフェイクであっては、実際にはほとんど誰にも届きません。フェイクインフルエンサーは見分けるのも難しい場合が多く、若年層のインフルエンサーは分からないから、と他人に任せっきりにしているとこのようなことが起きかねるため、十分注意が必要です。

まとめ

ソーシャルメディアは、顧客とのつながりを作り、身近なところから、より自然に商品の魅力を発信できる非常に有効なマーケティングツールです。顧客とのつながりを最大の目的に据えれば、フォロワーを購入することがいかに理にかなっていないかがわかるでしょう。どんな手法も間違った使い方をすれば、効果がないどころかマイナスに影響しかねません。特に顧客を欺くことが長期的な成功につながることはほぼ無いといって過言ではないでしょう。

インフルエンサー・マーケティング