お問い合わせ
Your Digital Solution
Make a change in Japan
ホーム / ブログ / 企業はコロナから何を学び、コロナはビジネスモデルにどんな影響を与えたか?

企業はコロナから何を学び、コロナはビジネスモデルにどんな影響を与えたか?

企業はコロナから何を学び、コロナはビジネスモデルにどんな影響を与えたか?

新型コロナウイルス感染症は、世界を社会的、経済的、個人的、心理的に揺るがしている。あらゆる業界や部門に影響を及ぼしている。あらゆるところでコロナ禍が大打撃を与えた。何百万人もが職を失い、企業は閉業を強いられている。その中でビジネスモデルを進化させている企業、進化させるために学んでいる企業は損失を最低限に抑え、ビジネスを継続している。

生存のためには、適応と進化が必要だ。時代の変遷に適応しない企業は、得られるはずの利益や顧客を大幅に失う。

コロナ禍において企業が体感していることについて例を挙げよう。

リモートワーク(在宅ワーク)

世界的なパンデミックの中で、複数の国の政府は国民の安全を守るため完全な都市封鎖を強行した。食料品店や医療機関といった重要なサービスは営業を続けたが、実店舗は大きな影響を受けた。消費者が巣ごもりを余儀なくされたため、実際に来店する客に頼っていた店舗や通販サイトを持っていない店舗は利益を得られなくなってしまった。

一方で、実際の来店がなくとも営業できる企業については現状維持できた。インターネット接続やデスクトップ・ノートPCに頼るサービスメインの企業は、働き方をリモートワーク(在宅ワーク)に素早くシフトした。通勤から在宅へとスムーズに移行するために、チャットや、音声通話、ビデオ通話などのチームと効率よくコミュニケーションが取れる方法を確立できたのである。今までにSlackやTrelloといったオンラインコミュニケーション・プロジェクト管理サービスを使ったことがなかった社員は、新しいツールを学ぶと同時にスキルも身に着けた。Eメールやメッセージといったテキストによるコミュニケーションはさらに正確で、要点をついたものになっている。

在宅ワークに対する社員の反応は複雑である。家で働くことが快適だという社員もいる一方で、面倒をみなければならない家族を抱える社員は生産性の維持に苦戦。家族と暮らす社員の生産性に関する問題について、管理職はより理解を深めている。プライベートと仕事を混同してはいけないと言われることも多いが、命のためにも選択肢は他にないのである。

パンデミック発生から7か月たった今でさえ、在宅ワークの文化は長期的に継続するだろうといえる。

インターネットの重要性

ステイホーム生活が強いられる中で、エンターテイメントや仕事、ニュース、その他の活動のためにスマートフォンを使い、ネットを閲覧することになる。食料品を買うのにも外出しない人もいる。ネットで生活必需品を購入するのが史上最高の流行になっている。

企業にとって、従来の広告手法はかつてのように通用しなくなっている。みんなが家から出ないため、物理的な広告モデルは効果がない。事業を宣伝して売り込むためにデジタルな場を使いたがらない地方の店舗や中小企業の経営者たちはコロナ禍の中、売り上げの落ち込みに苦しんでいる。

中小企業の多くが、事業をオンラインに移行するチャンスに気づき、事業のPRのためにデジタルメディアを使い始めている。例えば以下のような例がある。

  • オンライン予約を受け付ける歯科
  • 小規模なECサイトを作成し、デジタルメディアで宣伝する小規模店舗の経営者
  • 参加者の幅を広げるため、オンラインでダンスのレッスンをするダンススタジオ

こうした選択は、これまで10年以上の間はあまり広く実行されてこなかったが、今日の世界においては企業が生き残るために必須である。
今、私たちは「唯一不変なるものは変化なり」という言葉の中の真実味を実感している。

古い習慣は変えがたい

変化への適応というテーマで話を続けるが、今でも従来の業務の習慣に従って営業している企業が業務をデジタルにシフトすることに苦戦していることは見逃せない。

変化への適応というテーマで話を続けるが、今でも従来の業務の習慣に従って営業している企業が業務をデジタルにシフトすることに苦戦していることは見逃せない。

FAX機や書類手続きをやめ、電子ドキュメントや接触のない業務に切り替える。今こそ、より安全でペーパーレスな業務を実行する絶好のタイミングだ。事態が比較的通常に戻ったら、ほかの方法も試してスムーズに移行して生産性を最大化する効率的な方法を見つけることができる。

多くの中小企業は顧客の相手で精いっぱいで、業務手続きの見直しをする暇がない。世界が停滞中の今、時間は有り余っている。今こそ、会社の文化を変え、事業を見直し、新たなことを学ぶために実行したくても先延ばしになっているタスクを片付ける時だ。

小規模事業者向けの新型コロナ特別対策補助金

補助金の詳細を読み、デジタルサービスを利用する

Share it