公式ブログ

海外におけるマーケティング戦略とは?

海外におけるマーケティング戦略とは?

あなたがプロのサッカーチームの監督だったら、どうやってチームを強いチームを作りますか?競合に打ち勝ち、チャンピョンシップの決勝まで進んでいくチームをつくるとき、監督が一番重要視するべきことは何でしょうか。

戦略です。

選手の獲得、管理、チームスタッフの採用、日々の練習内容はもちろんのこと、そのひとつひとつが戦略の一環となります。

ビジネスの戦略は、スポーツと似ているといわれます。

明確な戦略がなければ、どんなに日々のトレーニングを励んでも、試合で競合に勝つことは出来ないでしょう。目標を達成するために、監督としてのあなたは一連の戦略を考えなければいけないです。

戦略が正しければ、弱小チームでもリーグを勝ち進むことが可能なように、

小さな会社が大手企業に勝つことも出来るわけです。

ビジネス戦略とは?

マーケティング戦略を含めた一連の施策がビジネス戦略です。

企業の利益を最大化することがビジネス戦略の最大の目的となるでしょう。

マーケティング戦略を立案する前に、企業としてのビジネス戦略を立てることが必須となります。ビジネス戦略は、自社と競合の調査を綿密に行う必要があります。企業が持っている資産(人材、資金、ビジネス構造)を棚卸し、それらを活用しながら、いまある会社の状態A点から、到達したいB点までのステップを示す、いわば地図のようなものと言えるでしょう。 ビジネス戦略を策定するプロセスは、戦略開発と呼ばれています。

効果的なビジネス戦略を立てるステップ

戦略開発をはじめる際は、まず基本に立ち返って、企業イメージへの共通認識にズレがないかを確認します。

企業イメージとは、たとえば「目標」「ビジョン」「価値観」のようなことが含まれるでしょう。戦略を考えるまえに、下記のような基本的な問いかけをしてみるのです。

顧客に提供している価値はなにか?

企業としてもっとも大事にしていることは何か?

事業をどこまで拡大したいか?

そのうえで、実際のステップは下記のとおりです。

①強みと弱みを分析する:

成長や改善が必要なところ、自信があるところ、今後伸ばしていけるところを分析し可視化します。

②市場分析:

市場のトレンド、競合状況、顧客行動を把握し、最新の情報を得ることで、自分たちのポジションも把握することができます。

③目標設定:

短期、中期、長期の三段階を設定します。設定した目標は、常に社員全体に共有し、ひとりひとりのモチベーションや生産性の向上を意識することで、商品やサービスの品質向上につながるでしょう。

④進捗状況の確認:

一度戦略を立てたら、まずは実行に移し、欠けているところ、修正が必要なところを見直していきます。効果的な戦略には、定期的な見直しと調整を繰り返すことが欠かせません。微調整で済むこともあれば、大きな変更が必要になることもあるかもしれません。戦略を変えることは、ときに労力を伴うものですが、間違った戦略のまま進めていては、損益にもつながりかねません。

マーケティング戦略を立てるステップ

ビジネス戦略開拓が完了したら、つぎはマーケティングの戦略開発です。

ビジネス戦略に沿い、より具体的な行動に落とし込んだ戦略を作りましょう。

①ターゲット設定:商品やサービスをどこで誰に買ってもらうかを明確にします。年齢、経済状況、性別、興味関心、職業など、顧客の細かい要素を想定し、どのセグメントに合わせて、商品やサービスの設計をするか、どのように宣伝活動を打ち出していくかを決めます。最適な販売計画を構築します。によって、顧客対象となる人々が様々な顧客層に構成します 。

②目標設定:ビジネス戦略開発で明確になった市場分析から、目指していくポジションを設定します。目標は出来るだけ細分化し、達成したもの、達成しなかったものをトラックしてチェックできるようにしておきます。売上目標だけでなく、商品認知の向上や企業イメージの向上を主軸として、それぞれを達成するための項目を設けると良いでしょう。

③見直しと調整:ビジネス戦略と同様に、定期的な見直しと調整は欠かせません。たとえ失敗があっても、原因を分析し、改善を重ねていくことで、さらに安定したビジネスにつながり、企業は強くなるでしょう。

海外ビジネスの勝敗を決めるのは、マーケティング戦略です。調査、分析、および最新情報に基づいて立案された戦略があれば、かならず目標は達成できるでしょう。しっかりと事前にマーケティング戦略をもってから勝負に挑むことです。どこから手を付けてよいか分からない場合は、基本に立ち返り、順序立てて地図を作っていきましょう。それが戦略開発に必要な第一歩です。何か特別なスキルや人材が必要というわけではありません。そのうえで、戦略を実装する際は、マーケティング専門会社に依頼をすることも検討すると良いでしょう。

SNS マーケティング