お問い合わせ
Globalism For Your Way
Bring Japan To The World
ホーム / ブログ / 中国人の消費者に向けた戦略策定のポイント

中国人の消費者に向けた戦略策定のポイント

中国人の消費者に向けた戦略策定のポイント

現在、中国市場参入の準備、ブランディングを勧めている最中でしょうか?確かに中国市場は魅力的ですが、その反面、考慮すべき障壁もあります。規制法のほかに、販売ネットワーク構築から大規模投資などにも、障壁が存在しています。

企業が中国でのマーケティングについて考える際、中国国内のみに注目されがちで、中国国外に住む中国人はあまり重視されていません。しかし、中国国外に住む中国人は約6500万人と、世界最大のディアスポラの1つとなっているのです。また、中国国外に住む中国人は裕福な人が多いのです。

Statistaには、2018年の6億7,350万人の中国人のSNSアクセス者数を、2023年には8億人にするというプロジェクトもあります。

この記事では、そんな世界幅広い中国の人々に効果的にアプローチするためにの、戦略策定のポイントについて説明していきます。

中国人の消費者に向けた戦略策定のポイント

中国国外の中国人

中国人の好みと文化が及ぼす影響が高まっているため、諸外国政府も中国人、中国の移民に一層の注意を払っています。例えば、イギリスの留学市場においては、40%の留学生が中国人であると、その影響は多大なものです。この留学生は平均2年から4年滞在し、熱心に新たな文化体験へと挑戦します。オーストラリアやアメリカの様々な企業、非営利団体も中国人に向けてのブランド造成に励んでいますが、世界的にみても、類を見ないものとなっています。

Statistaによると、2018年に、662,100人程の中国人学生が留学しました。これ前年と比較して11.74%増加しており、中国は留学生の供給国として世界をリードしています。では、なぜそれほど留学生が重要なのでしょう?実は留学生のほとんどの家庭は裕福であり、中国の海外旅行者と同様に大きな消費力を持っているからです。仮に彼らが現地で良い製品を見つけたら、例えばそれを、両親へのプレゼントとして購入する可能性があります。そこから、口コミを通しての拡散へと繋がります。

彼らは消費者としてだけでなく、インフルエンサーの役割も兼ねます。彼らのほとんどは、Wechat、Redbook、Weiboなどの人気のSNS、プラットフォームを使用して、母国とのコミュニケーションも維持しています。 「デリケート」なコンテンツとして認識されない限り、どのトピックでも、海外の日常生活や新たな体験を好んで共有します。彼らの投稿は常にプラットフォーム上で更新され、世界中の中国人の目に届きます。

中国のプラットフォームに適したコンテンツ戦略

中国のプラットフォームは、さまざまな層のユーザーに呼応し、またさまざまな目的で使用されます。その為、各プラットフォームに応じて適切な戦略を立てることが重要となってきます。

WeChatは、Facebook、Whatsapp、Google News、Tinder、Pinterestなどの他のアプリよりも、多くのリソースを提供します。 WeChatのコンテンツでは、消費者に感情的なアピールをしつつも、より洞察に長けたものでなければなりません。見出しは常に面白く、スリリングで、好奇心を刺激するものでなければなりません。 そして、WeChatを効果的なリソースとみなし、製品やサービスについて投稿することは避けられません。中国ではQRコードが広く普及しており、WeChatユーザーはQRコードを通して検索し、好みの製品などをチェックします。

Weiboユーザーは30歳未満の若者が多く、プラットフォームには主にエンターテインメント関連のコンテンツが注目されます。 そのため、Weiboの投稿では、ライフスタイルやファッションのトピックの投稿に注力する必要があります。より多くの注目を集めるのには、トレンドに乗じたキーワードを組み込む必要もあります。また、新しいリリース、プロモーション、中国でのイベント等を上手く組み込むことで、ユーザーエンゲージメントをさらに高めることができます。

最近では、動画での影響力が高まり、いくつかのブランドが、中国のデジタルコンテンツマーケティングに動画を積極的に活用し始めました。 Alice + Olivia、Tory Burch、Burberryなどの多くの高級ブランドが、2020年にTikTokの使用を始めています。今後、競合他社に対して優位に立つためには、ビデオコンテンツが必要不可欠になる可能性も秘めているのです。

自動翻訳プログラムは効果的ではない

自動翻訳を用いる人は多いですが、自動翻訳に依存しているだけでは、中国の消費者へ可読コンテンツを提供することはできません。構成に違和感のある文章では、ユーザーエクスペリエンスを損ない、Webサイト閲覧への関心を低下させる恐れがあります。従って、自動翻訳は、顧客とのコミュニケーション方法として、さほど有効ではありません。

コンピューターは現地の俗語、慣用句、名前等をほとんど認識できません。これらを理解し、翻訳して、効果的に伝えることができるのは、現状では人間だけです。

中国人の消費者に向けた戦略策定のポイント

文化の違いを考慮に入れる

注目すべきことに、各国でマーケティング戦略が違うということもあります。例えば中国の『面子』という、尊敬に関する考え方は中国社会では重要なものであり、このような文化の違いも、顧客行動に影響を及ぼす可能性が高いです。

米国やヨーロッパなどの個人主義社会では、単純な割引コンテンツを用いる、ハードセリングの結果が優れています。一方、中国のような集産主義の環境では、ソフトセリングを使用することが望ましいとされています。企業は、顧客に友好的ながらも敬意を示し、信頼を形成しなければなりません。「売れ筋」のコンテンツは、ほとんどの中国の視聴者に気にされません。 むしろ、「最も人気のある」や「最高の」などのフレーズは、説得力はないとみなされるだけに留まらず、中国の広告法で禁止されています。

的確な戦略策定

世界中の中国人にリーチし、成功を得るには、戦略は的確に策定されなければなりません。中国人に向けたビジネスに参入するにあたり、その顧客の行動や文化背景などを適切に把握できていますか?

疑問点などがございましたら、是非ともお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

Share it