お問い合わせ
Globalism For Your Way
Bring Japan To The World
03-6661-0037

販売とマーケティングの違い

販売とマーケティングの違いは何ですか?

市場へのアプローチ方法は時間とともに進化し、「マーケティング」も、その新しい分野として理論化されました。マーケティングの分野では、製品の効率的販売のために、さまざまな理論と戦略が研究されています。多くの人々は販売とマーケティングを混同してしまいますが、別物です。しかし、違いはかなり単純です。販売が名の通り『製品の販売』に焦点を合わせているのに対し、マーケティングは、『売れる仕組みづくり』に焦点が合わされています。

販売とマーケティングの違い

販売とマーケティング

セールスアプローチは、自社製品を詳細に理解し、その特性と価格を積極的に宣伝し、消費者に購入を促すことに基づいています。会社の製品やサービスを販売するのは、セールスチームの仕事です。販売は商取引主体であり、利益を生み出し、生産コストのバランスを取ることを目的としています。これには製品のプロモーション等が含まれます。しかし、顧客へのリーチは、販売よりも、マーケティングの役割になるのです。

マーケティングは、技術的な方法を駆使して、顧客を惹きつけることに焦点を当てています。顧客を分析し、顧客の望むニーズに一致する製品を提供しなければなりません。マーケティングを駆使することによって、顧客が必要としないものでも、『必要なもの』に変えていくことができるのです。

マーケティングは、製品からの収益だけでなく、非金銭的価値にも焦点を当てています。良き例として、世界で最も成功しているコーヒーショップフランチャイズの1つである、スターバックスが挙げられます。この会社の付加価値は、顧客に提供する快適なサービスです。スターバックスは顧客をよく理解し、顧客と強い関係を築いてきました。スターバックスの顧客の多くは、美味しいコーヒーだけでなく、スターバックスに座ってコーヒーを楽しむ体験にもお金を払っています。

マーケティングによって、あなたのターゲットとする層を強く引きつけるような価値創造をすることができます。そして、顧客への特別感を提供し、また顧客との一体感を高めることもできるのです。それゆえ、マーケティングでは、その決め手となる部分を明確ににし、ターゲット層に訴求していくことに重点を置きます

販売とマーケティングの違い

eコマースとデジタルマーケティング

テクノロジーの進化に伴い、さまざまな用語が登場してきました。eコマースはその1つです、オンライン媒体を駆使して、自社の製品またはサービスを販売する手法です。 eコマースを駆使すれば、海外の潜在顧客にもアプローチでき、あなたのビジネスの可能性を、より大きく広げるでしょう。

デジタルマーケティングは、オンライン販売とは別物です。デジタルマーケティングは、あなたの製品を、広く認知させることに役立ちます。顧客を引き付け、商品を気に入ってもらえれば、顧客は購入に至るでしょう。当然のことを言っているようで、一見簡単に見えるかもしれませんが、実際は戦略が効果的でなければ効果がありません。

ビジネスのグローバル化に必要不可欠なデジタルマーケティングは、eコマースとは別物です。デジタルマーケティングを使用すると、見込み客からパートナー、さらには卸売業者に至るまで、多くの有益な人々とのコミュニケーションに繋がります。卸売業者にリーチしてもらう、セールスチームが取引先を見つけるということも、比較的簡単になるでしょう。

 

販売とマーケティングの連携

マーケティング担当者は販売プロセスを提供し、セールスチームは価値の高い顧客情報をマーケティング担当者に返します。各々が異なるスキルを必要とし、異なる機能を持っているため、互いに補完し合います。セールスチームとマーケティングチーム間の円滑なコミュニケーションは、会社の売り上げを増進させるためになくてはならないものなのです。

販売とマーケティング

CONTACT US

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

Share it