お問い合わせ
Your Digital Solution
Make a change in Japan
ホーム / ブログ / インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは?

ビジネスに携わる人なら、売り上げがすべてだということは知っているでしょう。売り上げが出れば、正しいことができているというわけです。売り上げを増やす方法は2種類あります。顧客のある可能性がある人にアプローチすることと、顧客になる可能性のある人にアプローチさせることです。インバウンドマーケティングでは、デジタルマーケティング戦略を確実に効率的に実行するためにこの2つの方法を狙います。

ハブスポットの定義では、インバウンドマーケティングとは知らない人をビジネスに惹きつけ、リードに訴えかけ、顧客を喜ばせてビジネスを成長させることです。

顧客を魅了する

「魅了する」段階の目標は、ビジネスについてみんなに教え、ウェブサイトを訪問してもっと知りたいと思わせ、こうした訪問者に価値のあるコンテンツを提供することです。

ウェブサイトに顧客を呼び込んでトラフィックとコンバージョン率を上げるには、SEO対策をしたサイトを構築することと、外部SEOや有料広告、ソーシャルメディアマーケティングを通してサイトを宣伝することから始めます。

外部SEOとソーシャルメディアマーケティングはさらにブログとコンテンツマーケティングに枝分かれし、正しく行えばどちらもかなり効果的です。このステージにおいてのどの手法も、インバウンド手法の中にそれぞれの手法があります。

2013年には、観光業は日本のGDP2.4%を占めました。東京だけ見ると、観光客が日本経済に重要な役割を果たしていることは否定できません。もし小規模なお店、例えば観光地でレストランなどを経営している場合は、所在地が最大のキーワードになることはよくご存じでしょう。旅行に行く人は、どこが行先であってもそのエリアでできることを探します。観光スポット、宿泊場所、さらには通貨交換所まで。

引き寄せたいのが観光客であれ地元の顧客であれ、グーグル検索はかなり現在地に基づいた検索を助けてくれます。飲食店の経営者なら、事前予約に対して割引すれば客足を伸ばせます。ウェブサイトやソーシャルメディアでその割引について告知することで、ウェブサイトの訪問者が割引について知ることができます。

見込み客をウェブサイトに引き寄せる方法は?

  • 重要な情報をまとめた外国人にやさしいウェブサイトを用意する
  • 実際に訪問する前にみられるPRコンテンツを作成する
  • かんたんな予約方法とコンテンツを対象顧客の言語で提供する
  • GoogleBingといったローカルビジネス一覧サイトに掲載する
  • ソーシャルメディアで写真をシェアする
  • 早期予約割引を提供する
  • 【その他】

訪問者がビジネスについて知れる内容が増えれば、ビジネスにかかわりを持ってくれるチャンスが多くなります。デジタルな場で顧客に近づくと、オンラインでビジネスを手に入れられるチャンスは増加します。

リードに訴えかける

「訴えかける」段階は訪問者が初めてビジネスに対して何かのアクションを起こした瞬間から始まります。SEOSMM、有料広告の努力が効果を出した瞬間、つまりリードがウェブサイトを訪れた瞬間から仕事は始まります。見込み客がコンテンツに流れ込んだところで、ウェブサイトデザインの出番です。

正しい位置にCTAボタンや、サイトナビゲーション、重要な情報があるかが、ユーザーをウェブサイトにとどめるための重要事項です。訪問者が取る可能性のあるアクションには、ニュースレターの購読、街の観光ガイドのダウンロード、ブログへのコメント、あるいは単にブログの投稿を読むことがあります。訪問者を見込み客に変えるには、ウェブサイト上にあるすべてのコンテンツが魅力的でなければならないのです。

見込み客のデータベースを構築するには、ゲート付きコンテンツを投稿するという方法があります。ゲート付きコンテンツとは、ユーザーがメールアドレスや、氏名、電話番号などの情報を提供した後でアクセスできるようになるコンテンツのことである。例えば、ユーザーがメールアドレスを教えたあとでお店の割引クーポンがダウンロードできるようになるという仕組みがあります。

見込み客を増やすのには、通常のメールアドレスや連絡先を使うこと。メールを使ったアイデアには以下のようなものがあります。

  • 特別オファーの送信
  • トリップアドバイザーやフェイスブックへのフィードバックをリクエストする。これは他の訪問者が見られる重要な推薦状になる。
  • 業務の改善につながるプライベートなフィードバックをリクエストする。
  • ウェブサイトを定期的に訪問してもらうための更新情報を送信する。送信相手が近々日本にくる予定の友人にメールをシェアしてくれるかもしれない。

顧客を喜ばせる

見込み客がリードになり、リードが顧客になったら、顧客に割引を提供してそのお返しにビジネスを宣伝してもらいます。

喜ばせるメールの例文

こんにちは(顧客名)様

東京はお楽しみいただけたでしょうか。またのお越しをお待ちしておりますので、こちらにオファーをご用意しました。コードを東京に起こしの予定の家族や友達とシェアしていただいて構いません!

コード:xxxxxxxxx

もちろん、製品やサービスによってオファー内容を変えたり、オファーに期限を設けたり、ブランドの信用を高めるため誕生日のお祝いを送ったりもできます。

観光客と現地のビジネスのきずなが作られると、観光客はそれぞれの旅行ブログや、フォーラムでビジネスについて話してくれたり、知人間でお勧めしたりすることが知られています。ビジネスとかかわりを持ち、シェアしてもらうために顧客とつながりを持つことがすべてなのです。

インバウンドマーケティング戦略を発見する

03-6661-0037

Share it